本文へスキップ

あなたと、一緒に。

お問い合せはメールで

〒567-0046 大阪府茨木市南春日丘七丁目1-34-102

会社案内company

社名
有限会社 大阪彩都心理センター
法人番号
6120902013651 → 国税庁HPで確認
所在地
〒567-0046 大阪府茨木市南春日丘七丁目1-34-102
→アクセス
設立
2006年3月
役員
取締役社長 竹田 享司
 代 表  竹田 伸子
心理相談員
坂本 有香(臨床心理士)
長谷川 靖恵(臨床心理士)
商工会
茨木商工会議所 会員 (茨木商工会議所機関誌での紹介記事)

沿革

2006年3月
「大阪彩都こども心理センター」を有限会社として設立
2011年2月
「大阪彩都心理センター」に社名を変更

竹田伸子の紹介

 臨床心理士(第7791号)日本臨床心理士会会員、甲南大学人間科学研究所 客員特別研究員
 Nobody's Perfect Japan 認定ファシリテーター
 Circle of Security Parenting『安心感の輪』子育てプログラムファシリテーター
 日本心理臨床学会員、日本精神分析学会員、日本集団精神療法学会員、FOUR WINDS 乳幼児精神保健学会員
 
 母子保健・乳幼児心理発達分野の心理発達相談と心理療法の相談経験は、これまでに延べ1000組を超え、公的機関や企業などのメンタルヘルス相談・講演・講習講師、ゲートキーパー養成講座などの講師も多数行っている。

[略 歴]

[著書・寄稿]

  ・『思春期心理臨床のチェックポイント』第3章(共著 創元社)橘伸子
  ・『自己心理学の臨床と技法』(共訳 金剛出版)
  ・『現代のエスプリ』511号(2010年2月号)(出版社:ぎょうせい)
     「子どもの「心の傷」予防のための親支援・子育て支援」
  ・『発達』117号(ミネルヴァ書房)
     「虐待予防のための支援--地域の子育て力を高める取り組み」
  ・『発達』124号(ミネルヴァ書房)
     「虐待予防における連携の重要性と難しさ−早期支援への道筋−」
  ・『発達』128号(ミネルヴァ書房)
     「父親を亡くしたこどもと関わる−幼い子どもの死別体験と「心のケア」」
  ・『子どもと思春期への協働心理臨床』(遠見書房)
     第8章「母子に必要な発達支援体制を地域につくる 保健センターでの取り組み」

  寄稿 兵庫県三木市が発行する「広報みき」 「働く私たちの願い 〜自分らしく〜」
  取材記事 雑誌miku

[連載コラム]

  ・宝塚子育て情報誌「トゥインクル」/こころの相談室

業務をご依頼いただいた企業や機関(2012年以降)