本文へスキップ

あなたと、一緒に。

お問い合せはメールで

〒567-0046 大阪府茨木市南春日丘七丁目1-34-102

研究会・研修会・学会real workshop

当センターが主催する研究会、研修会。 また、学会への参加状況。

新着情報

 ”今、改めて『母子関係』を学ぶ”(第2回 講義+事例検討編) 研修会のご案内

母子関係理論

      『母子関係を学ぶ』
人の心の成り立ちを理解するための母子関係理論や発達理論を集中講義形式で学びます。第2回目はウィニコットの発達論と臨床を中心にして、臨床素材やディスカッションを挟みながら学んでいきます。子どもの臨床に携わる人にはもちろん、病態の重い成人クライエントに関わる人にも役立つ研修です。
講師は 寺井さち子先生 、 深津千賀子先生
日程:2020年2月23日(日) 立命館いばらきカンファレンスホール

→詳細を見る

アタッチメントセミナー アドバンスド・コース

妊娠期子育てカレッジ

アタッチメント理論、学んだものの実践にどう活かすのか― 私たちの関心は、今そこにあります。
親に、支援者に、同僚や職場に、アタッチメントの大切さを伝える上で、どんな課題や困難に 直面しているのか。
私たちが現場で抱えている悩みを持ち寄り、 俯瞰し、実践への一歩を探求する。そのために、第一線で活躍する先生方をコメンテーターとしてお招きし、研鑽する場をご用意しました。

→詳細を見る


学会発表予定

 第23回 子ども虐待防止学会 in 千葉幕張:2017年12月2日(土)3日(日)
 演題:子どものアタッチメントと育ちを守り、情緒的養育環境をケアする工夫
  ―『安心感の輪』子育てプログラムの実践から―
  企画者 :竹田 伸子(大阪彩都心理センター)
  発表者1:竹田 伸子(大阪彩都心理センター)
  発表者2:久保 信代(関西福祉科学大学)
  発表者3:加藤 郁子(さいたま市こころの健康センター)
  →「公募シンポジウム」のエントリー詳細はこちら

 第36回 日本心理臨床学会 in 横浜: 2017年11月18日(土)
 アタッチメント と 精神分析 - ボウルビィとウィニコットの母子関係理論の出発点を温ねて -
  企  画:竹田 伸子(大阪彩都心理センター)
  話題提供:久保 信代(関西福祉科学大学)、榊原 久直(神戸松蔭女子学院大学)
  指定討論:深津千賀子(大妻女子大学名誉教授/千駄ヶ谷心理センター)
  →自主シンポジウムでエントリー詳細はこちら

臨床実践塾

テーマを設定し、少人数の事例検討会やワークショップなどを開催します。臨床心理士としての実践的なスキルを磨く自修自得の活動です。
参加者自身が抱えている問題を丹念に掘り下げ、ディスカッションを重ねて相互に研鑽を積みます。

これまで


自分臨床を磨く会©

心理士として日々向き合う自身のテーマや、問題意識に立ちとどまり、自分の臨床を見つめ、自分なりの“臨床への向き合い方”を模索し形づくる作業に、同じ志を持って集う仲間と共に1年をかけて取り組みます。
2017年に発足。茨木スクールカウンセラー研究会を発展的に解消し、この会が誕生しました。活動内容は、個人情報に配慮してFacebookページに記録されます。『自分臨床を磨く会©』Facebookページはこちら